SEの読み書きそろばん

中年SEがキャリアアップの為に資格取得をしている日記です。

【統計学】確率と確率分布

過去に仕事で、システム移行の際にフェルミ推定によるテスト方針を出したのですが、説得力に欠けるの為、却下されてしまいました。

 

要因は色々とありますが、フェルミ推定が一般的出ない事も一因としてあると思い、今後の改善策として統計学を学び統計的見地で説明しようと思っています。

 

ただ、統計的にと言ってもフェルミ推定と同様に説得力に乏しくなってしまうので説得力を持たせる為に統計検定を受けようか思っています。

 テストは11月25日です、受けるのは3級。

 

本格的に勉強を開始するのは、TOEICが終り次のテストに向けての方針が確定する10月25日からにします。

丁度2ヶ月です。

 

それまでは、俯瞰的に統計学の全体を捉える事と言葉をきっちりと覚えたいと思う。

 

事象

 実験や観測で実際に生じた結果。

 サイコロを投げた時に「出た目」が事象となる

 

確率

 事象の起こりやすさ、偶然性の程度を数値化した物

 

確率変数

 試行して初めて結果のわかる変数。

 飛び飛びの値は離散確率変数

 ある程度の範囲が決まっているのは、連続確率変数。

 

確率分布

 確率変数の取る値とその値が実現する確率の関係を表したもの。

 色々の確率分布は明日以降